おまとめ・借り換えローンで負担を減らす!

カードローンやキャッシングは毎月の利息は少額かもしれません。
でも、例えば、1社だけで100万円。と複数社合計100万円。では、利息合計が大きく変わってきます。支払先はできるだけ1つにしたいものです。

現在、複数社からの借入がある方におすすめなのが、“おまとめローンや借り換えローン”です。 複数社での借入を1社にすれば毎月の返済も軽減します。 メリットばかりにスポットが当たるおまとめローンですが、実は全ての人にあてはまるわけではなかったのです。

おまとめ・借り換えローンのメリット

毎月の返済負担が軽減する!というのが最大のメリット。今までよりも金利が下がるので月々がラクになると言われています。いくつもある借金を1つにできる“おまとめローン”は、返済日も1つにまとまり管理の面がラクですし、複数社からそれぞれかかる利息が1つへと返済負担が減るため、多重債務の解決策として魅力と人気があります。

おまとめ・借り換えローンのデメリット

現在返済中の金利とおまとめローンの金利をよく比較することが大切です。おまとめや借換えをしたあとに金利が変わらなかった!毎月の返済金額を抑えるために返済期間が長くなり利息の総額が多くなってしまった!という結果となるケースもあります。

理想は今よりも金利が低く、毎月の返済額と利息総額そして支払総額を減らせる返済方法です。 おまとめローンにはシミュレーションができるので、必ずシミュレーションをして実際の返済はどう変わるのかをチェックする必要があります。

また、おまとめ・借り換えローンは高額借入となるために審査が厳しいといわれています。ローンを1つにまとめた場合は返済メインとなり、限度額いっぱいの借入は難しいというケースもあるようです。

債務整理とは違う

おまとめや借り換えをすると 多重債務の返済困難な状態から脱出可能となりますが、借入れ元金はそのままで返済が続いていく。というところが債務整理とは違います。

債務整理の場合は、借金を減額できる任意整理などや借金を免除してもらえる自己破産のことですが、信用情報機関に債務整理をした記録が数年に渡り登録されてしまいます。この登録が消えない限り審査は通らないため新たな借入などができなくなります。

おまとめや借り換えはこの債務整理ではないので、おまとめをしたという登録をされることがなく、信用情報にキズが付きません。もちろん、他のローンと同じで返済遅延があれば記録は残ることになりますので、きちんと返済することが大切です。

実は総量規制の対象外

年収の1/3以上の新規の借入れを規制するという総量規制ではありません。“例外”というものに分類されていて、顧客に一方的に有利となる借換えにあたります。不動産担保ローンも除外という分類となり総量規制の対象とはなりません。不動産を持っている方ならカードローンよりも高額借入ができて低金利の不動産担保ローンもおすすめです。



おまとめ・借り換えに使えるローン

楽天銀行スーパーローン

  • 金利(年率):1.9%~14.5%
  • おまとめに対応!

通常のカードローンとしての利用はもちろん おまとめ用 としてもOKなのが、“楽天銀行スーパーローン”。

まずは、返済シュミレーションをしてみてください。支払回数や総支払額が大きく違うのであれば借換やおまとめを視野に入れた方がいいかもしれません。毎月の返済額が減額されるのであれば、経済的にも精神的にもゆとりができ完済しやすくなります。

返済シュミレーションページへは下記の方法で行くことができます。返済シミュレーション入力ページでは、希望利用限度額、借入希望額、返済日、現在利用中の年利率、借入額を入力することで簡単に比べることができます。

  1. 下の「お申し込みはこちら⇒」ボタンを押す
  2. 表示されるページの一番下「ローンご利用の目的が借換・おまとめのかたへのご留意事項~」のなかの「返済シュミレーションはこちら」をクリック
  3. カードローン返済シミュレーションの中の「返済シミュレーションへ」
  4. 返済シミュレーション入力ページ
楽天銀行スーパーローン


東京スター銀行 おまとめローン

  • 借り換えやおまとめOK!
  • 支払先の一本化で管理がラク

複数あるローンやキャッシングを一本にまとめて完済をめざす “おまとめローン”。
借入は、最大借入期間10年まで延ばせるので、月々の負担を減らしてゆとりある返済プラン。または、早く返済したい方には無理なく完済できるプラン。など柔軟な返済プランに対応してくれます。

年収200万円以上で、満20歳~65歳未満の給与所得者が対象なので、派遣社員や契約社員の方も保証会社の保証がOKなら申込めます。
※直近、複数社でローンを申込された方は審査に通りづらくなります。



東京スター銀行 のりかえローン

  • 保証人不要!来店不要!
  • 月々の負担を軽くする

利用中のローンよりも金利の低いローンへのりかえるという目的の “のりかえローン”。低金利なので、のりかえローンにすると月々の支払に大きく差が出ます。

のりかえ診断では、現在の金利や返済額などを設定するとのりかえ後の返済額をシュミレーションしてくれるので、低金利ローンにするとどのくらい負担が軽くなるのかが分かります。 ローン残高が利用限度額を下回れば、目的自由で追加借り入れも可能です。



不動産担保ローンでも...

冒頭で述べているのですが、おまとめや借換えには不動産担保ローンもおすすめです。不動産担保ローンの場合は、不動産を担保としなければならないので不動産を所有している方が対象となりますし、審査~融資実行までに1ヶ月程の時間がかかります。

ただ、自分の所有物件を担保としている分融資限度額が高額(銀行によっては限度額が1億円など)ですし、おまとめローンよりも金利が低く、原則として使用目的が自由となっています。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/10/21

このページの先頭へ