提出書類はホントにこれだけ?収入証明書が不要の条件

収入証明書不要なおすすめ消費者金融

運転免許証だけでお金が借りられる※限度額50万円以内
⇒ プロミスフリーキャッシング公式サイトはこちら

お金を借りるときに、どのような書類が必要なのか気になる方も多いと思います。カードローンの申込みには下記の2つの書類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

収入証明書は条件により必要になりますが、その条件は各カードローンにより異なっています。

一般的な本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 発行後3ヵ月以内の住民票や印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

一般的には本人確認書類は上記のいずれかが必要になります。

大手の消費者金融では「運転免許証がある場合は、運転免許証を提出。運転免許証が無い場合はパスポートなどの顔写真入り書類を提出」となっています。ほとんどの銀行カードローンは「上記のいずれかを提出」となっています。


収入証明書が不要の条件

収入証明書が不要となる条件は各カードローン(キャッシング)で異なります。また収入証明書として認められる書類の種類も各カードローンで若干異なります。比較できるように表にまとめましたが、ご覧になる前に注意すべき点があります。

ノンバンクカードローン利用時の注意点

ノンバンクカードローン(消費者金融:プロミス・アコム等)では下表の条件以外に、『他の貸金業者からの借入金額と今回借入する限度額の合計が100万円を超える場合にも収入証明書が必要』という条件がついています。これは総量規制で「貸金業者から借入できる合計金額が収入により決まっていること」が関係しています。

審査により必要な場合も

下表の「提出不要の条件」を満たす場合でも、他社の借入れ状況や申込み者の信用情報によっては下記収入証明書類のいずれか1部(コピー)の提出が必要になることがあります。

会社
サービス名
提出不要の条件
収入証明書類
プロミス
50万円まで不要
源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月賞与がある場合は1年分の賞与明細書)
アコム
50万円まで不要
源泉徴収票 / 給与明細書
所得証明書(または通知書)
市民税・県民税決定通知書
課税証明書(または通知書)
※給与明細書は直近1ヵ月分。住民税(地方税)の記載ないと直近2ヵ月。賞与明細書あれば直近1年分も必要)
モビット
収入証明書は基本的に必要
源泉徴収票 / 税額通知書
所得証明書 / 確定申告書
給与明細書(直近2ヵ月分。賞与支給のある場合は年間の賞与証明書も必要
アイフル
50万円まで不要※1
源泉徴収票 / 住民税決定通知書
確定申告書 / 所得証明書
給与明細書(直近2ヵ月分)
※1.他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合は収入証明書が必要




収入証明書不要なおすすめ消費者金融

限度額50万円まで収入証明書不要!
⇒ プロミスフリーキャッシング公式サイトはこちら





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/08/20

このページの先頭へ